債権・売掛金回収

弁護士に依頼するメリット

債権回収においても弁護士に依頼することのメリットがあります。

 

①交渉が有利になること

会社や個人名でいくら請求しても回収できなかったのに、弁護士が代理人となって債務者に支払い請求の内容証明郵便を送付することで、債務者が弁済に応じる場合も数多くあります。弁護士が代理人になることで、請求に応じない場合は、裁判などより強力な法的手段を直ちに講じられてしまうかもしれないという心理的なプレッシャーを債務者が抱くためです。

 

支払いを延ばす取引先は倒産の危機に瀕している場合があります。早期回収を有利に進めないと、回収が不可能になってしまうこともあります。そのため、早期に弁護士に手続を依頼し。迅速に交渉を進めることが重要です。
 

②適切な法的手続を取ることができる

債権回収は、個別のケースごとに状況や各手続のメリット・デメリットを踏まえて、最適と思われる手段を考え、実行していかなければなりません。例えば、単に内容証明を相手方に送るだけでも、それによって今後の取引が途絶えてしまう可能性も否定できません。弁護士と手続を進める場合においては、数ある選択肢の中からあらゆる可能性を考慮し、もっとも適切なのかという判断を行った上で、その方法を実行することが可能になります。
 

③訴訟を提起し、強制執行が可能

あらゆる選択肢で功を奏さないと思われる時は、裁判所に訴訟を提起することになります。訴状や準備書面の作成、証拠提出などは、高度な専門性が必要となります。そのため、弁護士に依頼した方が合理的です。


また、勝訴した後でも、相手が履行しない場合には、強制執行の手続をしなければなりません。これもまた弁護士以外の方が行うにはあまりに煩雑です。弁護士に依頼することで、訴訟や強制執行を適切に遂行し、回収を図ることが可能になります。
 

④弁護士と、司法書士・行政書士の違い

内容証明郵便作成をはじめ、債権回収手続の一部は司法書士や行政書士に依頼するケースもあります。また、司法書士や行政書士が、あたかもこのような手続を的確に行えるかのような表現で広告を行っているケースも散見されますが、司法書士や行政書士は、元々登記や許認可等特定の手続の専門家として認定された資格です。


そのため、民事・商事のみならず刑事法まで含めたトータルな法的サポートを行うことは期待できないことがあります。また、内容証明郵便を送付した後に行われる相手方との交渉は、弁護士法72条に抵触するため、簡易裁判所における代理権を有さない司法書士ならびに全ての行政書士は、原則として行うことができません。そのため、せっかく送った内容証明郵便も、送りっぱなしになってしまったり、その後で弁護士に相談に来るという手間がかかります。


債権回収手続の入ロだけでなく、その後の手続についてもトータルでサポートができる資格は弁護士の他にはありませんので、当初から弁護士に手続を依頼し、確実に債権の回収を図ることが重要です。
 

倒産処理・債権回収についてはこちらもご覧下さい

●倒産相談から倒産処理へ ●債権・売掛金回収

些細なことでもまずはお気軽にご相談下さい

ImgTop2.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所概要
●ご相談の流れ ●弁護士費用 ●アクセスマップ

盛岡市で弁護士に法律相談のご予約は

mailsoudan.png
コツ2.png

ImgLS03.jpg

弁護士紹介弁護士費用

離婚相談表.png
相続相談表.png

吉田瑞彦法律事務所概要(岩手県盛岡市中央通1-11-17 第2大通ビル2階)
アクセスマップ
対応エリア
当事務所の運営サイト

吉田瑞彦法律事務所 事務所サイトはこちら Google+

対応地域

盛岡市をはじめとする岩手県全域

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町・・など

青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県にも対応