交通事故Q&A

Q.6

110682.jpg   主婦の休業損害について教えてください

弁護士からの回答

0032 法律相談顔写真.jpgのサムネール画像   休業損害の基本的な知識については、「Q.休業損害とはなんですか?」で説明した通りですが、主婦の方についても、交通事故での負傷により、家事労働に従事できない期間があった場合には、休業損害が認められています。
主婦の場合、1日当たりの収入額は、賃金センサス(※)に基づく平均年収を、365日で割って求めることが一般的です。また、パートなどに従事している兼業主婦の場合には、現実の収入と平均年収とを比較し、より高い方が基準とされます。
 
※厚生労働省が毎年発表している賃金に関する統計で、職種、性別、年齢、学歴、勤続年数など、労働者の属性別に見た賃金の実態が明らかにされている。主婦の場合には、賃金センサスの女性学歴計・全年齢平均年収が用いられることが多い。
 
休業日数については、入院期間は当然に日数に含まれますが、通院期間中に関しては、どれだけ家事に従事できなかったと見るべきかについて、確立した基準は存在していません。そのため、この点が争いになることも少なくありません。
 
これに対し、弁護士が用いる算定方法としては、主に①通院実日数を休業日数とする方法、②休業の割合が段階的に低下することを前提に計算する方法の二つが挙げられます。
 
例えば、通院期間200日、そのうち通院実日数が100日で、1日当たりの収入額が1万円のケースを想定します。
 
①では、通院実日数を休業日数として扱うため、休業損害は、1万円×100日=100万円となります。
 
一方、②は、通院期間中に症状が改善して行き、徐々に家事ができるようになることを前提としたものです。事案によって割合は異なりますが、例えば、通院期間のうち最初の50日は100%、次の50日は75%、その次の50日は50%、最後の50日は25%家事が制限されたという場合、休業損害は、(1万円×50日)+(1万円×50日×75%)+(1万円×50日×50%)+(1万円×50日×25%)=125万円となります。

主婦の休業損害について、加害者側保険会社は過少に評価する傾向があるため、保険会社からの提示額が低くても諦めたりせず、まずは弁護士にご相談下さい。
 

交通事故被害に関するQ&A

No ご質問
1 交通事故の起こした相手の保険会社に、治療を打ち切るように言われました。お医者さんからは治療を続ければよくなると言われており、きちんと治すためにこれからも治療をしたいと考えています。保険会社の言う通りに治療を打ち切らなければならないのでしょうか?
2 私は専業主婦です。交通事故のけがで後遺症が残ってしまい、今まで通り家事をすることができなくなってしまいました。後遺症で働けなくなった人には「逸失利益」というものがもらえると聞きましたが、専業主婦は「逸失利益」を受け取ることはできないのでしょうか?
3 人身傷害保険のことを教えてください
4 弁護士費用特約とはなんですか?
5 休業損害とはなんですか?
6 主婦の休業損害について教えてください

些細なことでもまずはお気軽にご相談下さい

ImgTop2.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所概要
●ご相談の流れ ●弁護士費用 ●アクセスマップ

盛岡市で弁護士に法律相談のご予約は

mailsoudan.png
コツ2.png

ImgLS03.jpg

弁護士紹介弁護士費用

離婚相談表.png
相続相談表.png

saikenichiran.png

吉田瑞彦法律事務所概要(岩手県盛岡市中央通1-11-17 第2大通ビル2階)

アクセスマップ

対応エリア
当事務所の運営サイト

吉田瑞彦法律事務所 事務所サイトはこちら Google+

対応地域

盛岡市をはじめとする岩手県全域

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町・・など

青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県にも対応