交通事故Q&A

Q.5

104789.pngのサムネール画像   休業損害とはなんですか?

弁護士からの回答

c01リサイズ.jpgのサムネール画像  
交通事故による財産的な損害については、「積極損害」と「消極損害」とに分類されます。
 
積極損害とは、「事故により余儀なくされた支出」を損害として捉えるものであり、病院での治療費や、通院にかかった交通費などが例として挙げられます。
消極損害は、「事故がなければ得られたはずの利益」を損害として捉えるものであり、休業損害も消極損害の一種です。例えば、交通事故により負傷した場合、その程度によっては、仕事を休まなければならないことがあります。仕事を休めば、その分だけ収入の減少が生じますが、この減収部分は、事故がなく通常通り働いていれば得られていたはずの利益と言えます。休業損害とは、このような減収分を損害として扱い、加害者に対して賠償を求めるものです。
 
損害額の基本的な計算方法は、「1日当たりの収入額×休業日数」です。例えば、サラリーマンであれば、事故直前3か月間の収入を基に、1日当たりの収入額を算出するのが一般的な取り扱いと言えます。
 
仮に、事故直前の3か月で、稼働日数60日、90万円の給与所得があったという場合、1日当たりの収入額は、90万円÷60日=1万5000円ということになり、このような収入のあった人が、20日間仕事を休んだという場合には、休業損害は、1万5000円×20日=30万円と算出されます。
 
なお、休業損害が認められるためには、原則として、現実に減収が生じていることが必要です。なぜなら、たとえ仕事を休んだとしても、それによって収入に影響がなかったのであれば、損害は生じていないと考えられるからです。しかし、有給休暇の使用により収入が減少しなかった場合については、休業損害の発生が認められています。
 

交通事故被害に関するQ&A

No ご質問
1 交通事故の起こした相手の保険会社に、治療を打ち切るように言われました。お医者さんからは治療を続ければよくなると言われており、きちんと治すためにこれからも治療をしたいと考えています。保険会社の言う通りに治療を打ち切らなければならないのでしょうか?
2 私は専業主婦です。交通事故のけがで後遺症が残ってしまい、今まで通り家事をすることができなくなってしまいました。後遺症で働けなくなった人には「逸失利益」というものがもらえると聞きましたが、専業主婦は「逸失利益」を受け取ることはできないのでしょうか?
3 人身傷害保険のことを教えてください
4 弁護士費用特約とはなんですか?
5 休業損害とはなんですか?
6 主婦の休業損害について教えてください

些細なことでもまずはお気軽にご相談下さい

ImgTop2.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所概要
●ご相談の流れ ●弁護士費用 ●アクセスマップ

盛岡市で弁護士に法律相談のご予約は

mailsoudan.png
コツ2.png

ImgLS03.jpg

弁護士紹介弁護士費用

離婚相談表.png
相続相談表.png

saikenichiran.png

吉田瑞彦法律事務所概要(岩手県盛岡市中央通1-11-17 第2大通ビル2階)

アクセスマップ

対応エリア
当事務所の運営サイト

吉田瑞彦法律事務所 事務所サイトはこちら Google+

対応地域

盛岡市をはじめとする岩手県全域

盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市、雫石町、、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ケ崎町、平泉町、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町・・など

青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県にも対応